Skip to content

ポルシェ911 964と993のエアコンコントローラの解析修理 その1


スーパーカー、スポーツカー専門ECU修理 HEART Inc.

ざっくり言うと…

  • 964と993のエアコンコントローラ、実は似て非なるもの。
  • プリント基板も違えばICも違うが、配線次第で互換性は保てる。
  • 964の純正ユニットは993に比較して弱い点もある。

最近の自動車投機ブームに乗っかって、空冷エンジンポルシェ911の価格もうなぎ上りですね。
自分のクルマの価値が上がるのはうれしい事ですが、部品代や修理代も一緒に上がっていくのは、仕方のない事ですが苦しい事ですね。
Porsche 911 1995
Poesche 911 Type 993 1995

さて今回は、最後の空冷エンジン、993型の911のエアコンコントロールユニットの修理です。ポルシェでは正式名称を”HVAC CCU(Heating, Ventilation and Air Conditioning Clmate Control Unit)”と呼んでいて、日本語だと「暖房換気エアコン用温度調整ユニット」となります。
ちょっとクドいですね。エアコンコントローラで通じますw
でもこのページでは、ポルシェのエアコンについて、

HVAC:エアコンシステム全体の事
CCU:ダッシュボードにあるエアコンコントローラの事

として、書いていきます。

「964と993はコントローラが同じだから、964のコントローラから部品を取って使ってください」
と依頼されて預かった964と993の2つのCCU。でも外観は同じでも中身が違うなんてことはポルシェに限らずよくあります。
よし!ちょうどいいから両方バラしながら解析していきましょう!

上が964、下が993のCCU

なんかスイッチが微妙に違いますが、こりゃ「同じ」って言ってしまうレベルですね。
んじゃ面倒くさいからサクッとCCUを分解してみましょう!

って言うんじゃあまりにも芸が無さすぎます。ましてや空冷エンジンのHVACシステムの概要も知らずにバラしたのでは、理解に苦労するのは目に見えているので、一見遠回りになりますが、自分なりにシステムを把握します。

マニュアル類やネットとにらめっこして作ったHVACの概要図

センサー、フラップ動作用サーボ、ブロワモーターの名称は混乱を避けるため、ワークショップマニュアルに記載されている名称と同じ名称をローマ字の大文字を使用して書いています。
これらの単語がいろいろなサイトや海外の掲示板、個人のブログによって同じものなのに記述が違い、混乱しますね。
自分の備忘録としても描いてみました。
水冷エンジンのようにヒーターコアが無い代わりに、エキゾーストマニホールド周りに空気を通してヒートエクスチェンジャーとしていますが、基本的にはエアコンを制御しているのはコントローラの前面にある”Cabin Temp sensor”と左右の”MIXING CHAMBER SENSOR”のようですね。

と、システムを理解したところで、いよいよCCUを分解していきます。

  • No.1
    No.1
  • No.2
    No.2
  • No.3
    No.3
  • No.4
    No.4
  • No.5
    No.5
  • No.6
    No.6

外部ケースから回路基板本体を引き出した状態では、964と993のCCUの違いは分かりません。

※注意
ここから先の分解は専用工具を使用するプロフェッショナル以外はあきらめた方が良いです。

CCUのコネクタ(カプラ―)はプラグKとプラグGに分かれていますが、基板も2つに分かれていて、どちらも部品が実装されている側(部品面と言う)を向かい合わせに接合されているので、部品の確認も出来ません。
部品や基板を一切破壊せず、慎重に2つの基板を分離していきます。

  • No.1
    No.1
  • No.2
    No.2
  • No.3
    No.3
  • No.4
    No.4
  • No.5
    No.5
  • No.6
    No.6

結果として、964のCCUと993のCCUは、外観はそっくりでも、中身は基板も電子部品も全く違い、同じものはCCUのファンとコネクタ程度のものだと判明しました。

部品も基板も違う、と言う事は、コネクタ(カプラ)のピン配置も違う、と言う事です。
ワークショップマニュアルをよく読んでも、このような電子制御を司るECUは、配線だけで何も描かれていないブラックボックスであることがほとんどです。
964と993での配線の違い、機能の違いをこの機会に調べて、今まで言い伝えのような状態であったHVACのCCUの謎を紐解いていきましょうw

その2に続きます。お楽しみに~!w

フェラーリ, マセラティ, ランボルギーニ, ロータス専門
ECU, コンピューター, メーター, 特殊電装品・電子回路製品 修理, リビルト
解析再構築, オリジナル電子回路設計・開発
HEART Inc.


Published in911ポルシェ解析修理

Be First to Comment

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA