Skip to content

ポルシェ911 964と993のエアコン 故障の概要


スーパーカー、スポーツカー専門ECU修理 HEART Inc.

ざっくり言うと…

  • 964と993のエアコンの故障についてまとめてみました
  • 主にフラップとモーターに関するトラブルが多い
  • 964と993の配線違いによるトラブルもある

ポルシェ911 964と993のエアコンコントローラの解析修理 その1
ポルシェ911 964と993のエアコンコントローラの解析修理 その2

最近は上記のブログをアップして以来、ポルシェ911、それも964、993のエアコンに関するお問い合わせが多くなってきました。近年は温暖化のせいか、日本の夏はどんどん暑くなってきて人にもクルマにも厳しくなってきましたね。
フロントにエンジンが無いだけまだましですが、それでも空冷ポルシェ乗りでも夏場にはエアコンは効かせないと辛いですよね。あんまり効かないですが(^-^;

このページに記載されている事項は、全て当社のエレクトロニクス機器の調査と車体整備の経験の記録、およびたくさんの参考資料を独自にまとめたもので、故障の症状と修理方法を保証するものではありません。ご参考にする際は、全て自己責任の下、よろしくお願いいたします。

よくある不具合

A/Cの冷気が出ない
これは964/993で最も一般的なHVAC問題であり、ほとんどの場合、冷媒レベルが低すぎることが原因です。 冷媒圧力制御スイッチは、圧力が低すぎると損傷を避けるためにコンプレッサーを停止させます。 また、コンプレッサクラッチ12Vのリード線が外れている可能性もあります。 A/Cのスペシャリストにお願いして、A/Cシステムをチェックしてガスを補充し、リーク検知器を使用して漏れを確認したり、染料を染み込ませて点検してください。 993の場合、弱点であるエバポレータの漏れを特に気にしてください。検知器は、花粉フィルターハウジングからエバポレータに限らず、ダッシュボードの下のリサキュレーション開口部でも検知します。 このリンクでは、エバポレータをDIYで交換しています。 プレッシャースイッチの信号も測定しています。
詳しくはHVACの詳細ページ(作成中)を参照してください。
常に温風が出る、またはダッシュボードの通気口から温風が出ない
ミキシングフラップサーボの片方または両方が停止して、開いた位置または閉じた位置のどちらかで止まっています。 これら2つのサーボは、ダッシュボードの両側の温風を制御します。
CCUの温度設定を最高と最低にそれぞれ回してみて、ミキサーのフラップ操作を確認してください。 両方のミキサーバルブは同時に開閉する必要があります。 サーボが配置されている場所については、HVACの詳細ページ(作成中)を参照してください。 ポルシェ対応のOBDツールを使用して、エラーコードを読み取ることもしてください。お近くであれば、当社のOBDスキャンサービスもご利用ください。
ダッシュボードの片側から温風が出ない、または温風しか出ない
前項の「常に温風が出る、またはダッシュボードの通気口から温風が出ない」を参照してください。
外部からのフレッシュエア(冷気)が出ない
これはフロントのフレッシュエアフラップサーボの不具合か、またはミキシングフラップが開かれた位置、つまり温風側に張り付いてフレッシュエアが入らない事が考えられます。
CCUの温度調整ノブを最高、または最低にして、フレッシュエアフラップとミキシングフラップの動作を確認してください。ミキシングフラップは左右どちらも同時に開閉する必要があります。 フレッシュエアフラップは最低温度設定の時全開となり、最高温度設定の時に全閉となります。各サーボの位置については、下記以降項目を参照ください。全てのエラーコードを読み取るには ポルシェ汎用OBDツールなどを使用してください。お近くであれば、当社のOBDスキャンサービスもご利用ください。
室内温度が何もしていないのに次第に下がってくる
CCUの左端にある室内温センサーは時間が経つと埃が詰まり、汚れてきます。CCU背後の小型ファンはセンサーに空気を引き込むために使用されますが、経年変化で故障することがよくあります。
CCUの筐体は使用中にかなり暖かくなります。室内温センサーに空気が流れなくなってしまうと、CCUは自身の熱で室内が非常に暑くなっていると勘違いをしてしまいます。つまり、CCUが温まってくることにより誤動作をしてミキシングフラップを次第に閉じてしまいます。そこでユーザーは設定温度を上げて調整しようと試みますが、1~2時間後には最高温度設定に達してしまいます。結果的に最高温度か最低温度でしか制御できなくなります。
このような場合はCCU背後のファンの動作をチェックし、CCUのフロントパネルの室内温センサーをクリーニングします。CCUの詳細ページ(作成中)も参照してください。ファンや温度センサーに関するエラーコードを読み取るには ポルシェ汎用OBDツールなどを使用してください。お近くであれば、当社のOBDスキャンサービスもご利用ください。
温度が突然変化する
温度設定ノブを動かさずに温度が急激に変化するのは、CCUの温度設定ノブポテンショメータの摩耗または断線、内部温度センサの故障などが原因です。 CCUの前面を分解すると、センサが簡単に損傷する可能性があります。CCUの詳細ページ(作成中)を参照してください。
フロントの左右ブロワファンが断続的にオフになるか、最大にすると動作しない。吹き出し風量が極端に少ない
これは、風量が極端に少なかったり、各ファンの動作に不具合があるときに発生する可能性があります。
リアファンが正常に動作していないため、CCUに組み込みのセーフモードソフトウェアがフロントファンをシャットダウンまたは減速させていることが原因です。
温度設定を最低にし、ファン速度ノブを操作します。フロントファンは正常に動作すれば、ファンスピードを1に設定して温度設定を上げて行きます。温度設定に応じてリアファン低速動作を開始し、温風が必要量出てくるはずです(外気温と室内温に依存します)。もしもリアファンに不具合があるようであれば、フロントファンは最低回転に下がるか、停止します。リアファンのヒューズ、リレー、ロースピードレジスタを確認してください。ポルシェ汎用OBDツール を使用してエラーコードを読みだしてください。お近くであれば、当社のOBDスキャンサービスもご利用ください。
ファンスピードダイヤルのポテンショメーターの摩耗・異常でもフロントファン異常は起きます。ダイヤルを操作してみて、つまみを少し押したり引っ張ったりしてみてください。詳細はCCUの詳細ページ(作成中)を参照してください。
デフロストボタンを押すとフロントファンが止まる
デフロストボタンは最大ファンスピードと最高温度設定のショートカットです。 リアファンは高回転になります。前項”フロントの左右ブロワファンが断続的にオフになるか、最大にすると動作しない。吹き出し風量が極端に少ない”を参照してください。
ミキサー・サーボが温度設定に比例して動作しない
ミキサーサーボは、温度ノブの設定に合わせて左右同時に動かなければなりません。 温度設定のわずかな操作でも片方または両方のサーボが極端な位置のずれや移動をするようであれば、これはミキシングチャンバーセンサーの左右どちらか、または両方に不具合がある可能性があります。
リサキュレーションにするとエアが出ない
これは993固有のトラブルです。バキュームで動作するリサキュレーションフラップが動かないという現象で、大抵はバキュームシステムのエアリークによるもので、よくある例としてはカーステレオを取り付けた際などにホースが外れてしまうことが原因です。
リサキュレーションフラップアクチュエーターへのバキュームホースの接続とバルブの接続を点検してください。詳細はHVACの詳細ページ(作成中)を参照してください。
ダッシュボードからシューシュー、ゼーゼーとわずかな空気音がする
風量が微小の場合や各ファン動作不良の際に出ることがあります。
これは、フロントのフレッシュエアフラップサーボか、リサキュレーションフラップの故障の可能性が高いです。フロントの両ブロワモーターは、フラップの閉じた吸入口や他の吸排気孔(例えばデフロストノズルやセンターダッシュノズル)から空気を吸入しようとし、その後、フレッシュエアフラップ、リサキュレーションフラップ、またはミキサーフラップなどが突然開くことにより、空気の突入を引き起こし、結果としてブワッと言うような音が発生したりします。 これは温度設定を上下に動かし、ファンスピードが高くなりミキシングチャンバー内の気圧が低下する時に特に発生します。
ファン速度を最大に、温度設定を最低にし、リサキュレーションをオフに設定することで、両方のミキサーフラップを閉じ、フレッシュエアフラップを開きます。次に、温度設定を最高にしてください。両ミキサーフラップが開き、フレッシュエアフラップが閉じるはずです。次にリサキュレーションボタンを押してください。フレッシュエアフラップが閉じ、リサキュレーションフラップが開きます。正常に動作しない場合、同様に空気音が出たりします。OBDツールを使用して、エラーコードを読み込んでください。お近くであれば、当社のOBDスキャンサービスもご利用ください。
断続的にシューシュー、ゼーゼーと音がする
これはミキサーフラップサーボやフレッシュエアーフラップサーボの不具合が原因と考えられます。CCUはフラップがどの位置にあるかを検知しており、その位置に応じて暖気やフレッシュエアの流入量を制御して温度コントロールしているので、これらのサーボ不良は制御の不具合に直結します。また、各フラップサーボの動作が波打つように振動作用を引き起こす可能性もあります。前項の「外部冷気が出ない」を参照してください。
A/Cコンデンサファンが間欠的に高速回転する
低速用コンデンサファンレジスタが故障しています。
コンデンサファンはCCUのA/Cボタンが押されるとすぐに低速運転を開始します。強力な冷却が必要な場合にのみ高速で動作します。低速運転が機能しない場合、コンデンサによる冷却効果が無くなるため、A/C冷媒システムの内圧が上昇します。3レベルプレッシャースイッチでコンデンサファンの高速回転を制御します。冷却が効くとファンは再び停止します。このサイクルを繰り返すことになります。これは良くない状況で、特に993では冷媒が高圧になることは良くなく、エバポレータの故障や冷媒漏れが発生することになりかねません。低速用ファンレジスタが故障の原因の一つである可能性は高いです。

テストと修理方法:
A/CをONにすると、コンデンサファンはすぐに低速回転を始めます。A/CはONにせず、ドライバー等でコンデンサブロワリレーR14のケースを外し、指でリレーを動かしてみてください。コンデンサファンが低速または高速で動作するはずです。低速用コンデンサファンレジスタは腐食や過熱でよく故障することで知られています。コンデンサのすぐそばにマウントされているので、オイルクーラーブロワレジスタと一緒に交換してください。
ただし、抵抗や接続を間違えたりして生じる冷媒の圧力異常がA/Cシステムのリークなどを引き起こす可能性があることに注意してください。詳細はエアコンとオイルクーラーの詳細ページ(作成中)を参照してください。

ヒーターにするとコンデンサファンが高速回転で波打つ
温度設定を最低にすると、コンデンサファンが高回転で脈動します。 この場合はCCUを交換したときなどに現れます。964に993のCCUを取り付ける場合は、993用CCUのハーネス配線に対応するために車体側の配線を変更する必要があります。 少なくとも6本の線を変更する必要があります。
CCUファンの音やダッシュボード内からの不快な音
ダッシュボードの中から何かが回っているような音がすることは、CCU後部にある小さなCCUファンにはよくあることです。CCUファンの軸とベアリングが摩耗していたり、シロッコファンが非常に汚れいている可能性もあります。CCUファンを清掃することも可能ですが、交換してしまったほうがベターです。修理に時間はかかりません。
CCUファンが停止せず、バッテリーが上がってしまう
CCU内のトランジスタが故障してイグニションOFF時にもCCUが正常にシャットダウンしないようになってしまいます。CCUを分解してトランジスタの修理が必要です。
イグニションOFFにしてもフロントのファンが回っている
フロントファン(左右ブロワモーター)の速度を調整するための電流ドライバである「ブロワファイナルステージ」の不良です。トランクの黒いプラスチックカバーの下にあるヒューズボックスのすぐ後ろに取り付けられています。 ヒューズ1を抜くととファンが停止します。
イグニションOFFにしてもリアファンが回っている
リアファンは、ヒートエクスチェンジャのチャンバー内の温度に応じて、エンジンを冷却するために最大20分間イグニションOFFにしても作動します。 リアファンが停止しない場合、リアファン温度センサーが切れているか、または故障しているか、リアファンリレーが損傷している可能性もあります(リレー接点の摩耗のため)。エアインレットのバキュームアクチュエータと温度センサのコネクタを誤って逆にすることがあります(993のみ)。
リアファンが高速回転時に波打つ
リアファン(エンジンコンパートメントブロワ)の低速用レジスタの故障か、リアブロアファンリレーの故障です。リレーのケースを開けてA/Cコンプレッサリレーのようにテストしてみてください。詳細ページ(作成中)も参照してください。
フロントファンもリアファンも動かない。サーボフラップも動作しない
ヒューズ切れかもしれません。次のヒューズをチェックしてください:
Fuse 1, (Terminal 30) Fuse 17,(Terminal 15) Fuse 28. (Terminal X)
詳細ページ(作成中)も参照してください。

HVACテスト クイックガイド
以下はOBDツールを使用せずにフォルトを特定するクイックガイドです。HVACの詳細ページ(作成中)では、各コンポーネントの場所の詳細を記載(予定)しています。

  • ミキサーフラップサーボ: 温度設定を最高と最低にし、ミキサーフラップを開閉してみる。
  • フレッシュエアフラップサーボ: 温度設定を最高と最低にし、フレッシュエアフラップを開閉してみる。
  • フットウェルフラップサーボ: 下側のスライドノブを左右に動かし、フットウェルフラップを開閉してみる。
  • デフロストフラップサーボ: 上側のスライドノブを左右に動かし、センターダッシュとフロントガラスのエアノズルを切り替えてみる。
  • 左右ブロワファン: 温度設定を最低にし、風量を最小と最大に切り替えると、それに応じて風量が変わる。
  • リアファン低速/レジスタ: ファン速度を1に設定し、温度設定を最高にします。リアファンは低速で作動するはずです。
  • リアファン高速: ファン速度を2以上に設定し、温度設定を最高にします。リアファンは高速で作動するはずです。
  • A/Cコンデンサファン: コンデンサファンを高速回転させるため、 R14リレーを外し、リレーの端子台の30番端子と87番端子をショートする
  • A/Cコンデンサファン低速/レジスタ: R14リレーを外し、リレーの端子台の30C番端子と87C番端子をショートする。
  • オイルクーラーファン: オイルクーラーファンを高速回転させるため、R04リレーを外し、リレーの端子台の30番端子と87番端子をショートする
  • オイルクーラーファン低速/レジスタ: R04リレーを外し、リレーの端子台の30C番端子と87C番端子をショートする。
  • CCUファン: イグニションをONにするとファンは回転を始めます。
  • リサキュレーションフラップ: CCUのRecircボタンを押して、フラップを開く(993:バキューム、964:バネ式)
  • A/Cコンプレッサークラッチ/冷媒レベル: 温度設定を最低にし、A/Cボタンを押す(993:小さい雪結晶マークまたは大きい雪結晶マーク)コンプレッサは間欠動作します。

1ページイッキに書きましたが、重ねて、このレポートはあくまでHVACとそのCCUの回路の実調査、車体の修理の実績やお付き合いしているメカニックさん達のご協力、マニュアルや資料、インターネット等の調査の上、皆さんに参考になればと独自にまとめたものです。
英語では参考となる資料やサイトが山のようにあるのに、日本語では一切無いので、情報をシェアしたい気持ちで作成しました。
間違いやミスもあるかもしれません。詳細ページも現時点では作成中で公開していませんが、実際の調査や修理は自己責任でお願いいたします。

フェラーリ, マセラティ, ランボルギーニ, ロータス専門
ECU, コンピューター, メーター, 特殊電装品・電子回路製品 修理, リビルト
解析再構築, オリジナル電子回路設計・開発
HEART Inc.


Published in911エアコンポルシェ解析修理

Be First to Comment

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください