Skip to content

ポルシェ911 964と993のエアコン 問題の切り分けとトラブルシューティングガイド


スーパーカー、スポーツカー専門ECU修理 HEART Inc.

ざっくり言うと…

  • 964と993のエアコンのまとめの決定版!
  • 911のエアコンを理解するためのまとめ
  • 自分で故障の解析が出来るようになるかも?

前記事
ポルシェ911 964と993のエアコンコントローラの解析修理 その1
ポルシェ911 964と993のエアコンコントローラの解析修理 その2
ポルシェ911 964と993のエアコン 故障の概要

次記事
ポルシェ911 964と993のエアコン 各コンポーネントのテスト項目と方法

前のブログで、ポルシェ911 964と993のエアコン 故障の概要と称して、慌てながら簡単な故障の概要を書きましたが、自分でもちょっと記述が拙い上に参照画像さえ無かったので、ちょっとわかりずらい記事になってしまいました。
古い記事を削除するのも何となく忍びないので、そのまま残して、改めて編纂してみました。ちょっと長いけど、分かり辛い911のエアコンシステムの理解と問題の切り分けに役立つよう、頑張って書きましたw

ポルシェ964・993 HVACトラブルシューティング ガイドとテスト手順

964および993のコントロールユニット(CCU)は、水冷エンジン車に比べて複雑なシステム構成をしているため、誤った故障診断をされることがあります。 964・993のHVACシステムの多くの部分にウイークポイントがありますが、しっかりと理解すれば問題の抽出も可能です。


fig1. 964と993のHVACシステム概要(ワークショップマニュアルの記述どおり)

このガイドは、サーボモータ、センサ、ファン、コンプレッサクラッチなど、HVACシステムのどの問題がCCUに関係し、どの問題が自動車自体に関連するのかを分離・区別するのに役立てるようまとめました。

ホース、ドライヤー、圧力スイッチなどの他のコンポーネントは、ここでは記述しません。
ポルシェのHVACシステムに精通した整備士によって点検されることをお勧めします。

ポルシェシステムテスタ(PST2 / PIWIS)スキャナが利用可能な場合は、それを使用して障害コードをスキャンし、システムを診断します。 詳細はワークショップマニュアルを参照してください。
他のブランドのOBDスキャナの場合は、それぞれチェックして、フォルトコードを読み取ってアクティベーションを実行できるかどうかを確認してください。
(タイトルをクリックして記事を展開できます)

テストに関する重要な注意事項

  • 各テストは、屋根のある換気の良い場所で行うことをお勧めします。
  • 各テストの間、バッテリーが上がらないよう、バッテリー充電器を接続しておいてください。
  • サーボモーターの動きが悪い(遅い)場合は、モーターの状態が悪くなっているため、交換または修理が必要です。手で動作することは不可能です。当社では各サーボモーターの修理も可能です。
  • 「手動テスト」中にフラップが正しい方向に向けていないと感じる場合は、サーボモーターをマニュアルで通電し、調整する必要があります。
  • 純正テスタによる「入力信号」セクションの「スキャナテスト」を実行している間は、サーボモーター、ファン、およびコンプレッサクラッチは実際には機能しません。 これらはCCUから出るシグナルが実際に動作することを確認するためのテストです。
  • センサの温度測定値以外は、CCUからの「ライブデータ」を見ることはできません。
CCUによって監視・制御されているコンポーネント:

1.センサー類(7個)

  • 室内温センサー(fig8、fig9)
  • ミキシングチャンバー温度センサー右(993:fig2-e, 964:fig3-e)
  • ミキシングチャンバー温度センサー左(993:fig2-e, 964:fig3-e)
  • エバポレータ温度センサー(fig4-d)
  • リアファンNTC温度センサー(fig5-c)
  • 油温センサー(fig4-c)
  • 外気温センサー(993)


fig.2 964ミキシングチャンバー

fig.3 993ミキシングチャンバー

fig.4 各ファンと冷媒ライン

fig.5 ヒーターダクトとリアファン

Fig.8 コントロールユニット CCU(964)

Fig.9 コントロールユニット CCU(993)

2.ブロアファン(6個)

  • エンジンコンパートメントブロワ(リアファン)(fig5-a)
  • ブロアファン右(fig2-b、fig3-b)
  • ブロアファン左(fig2-b、fig3-b)
  • オイルクーラーファン(fig4-a)
  • コンデンサファン(fig4-f)
  • 油温センサー(fig4-c)
  • CCUファン(fig8,fig9)


fig.2 964ミキシングチャンバー

fig.3 993ミキシングチャンバー

fig.4 各ファンと冷媒ライン

fig.5 ヒーターダクトとリアファン

3.フラップ及びサーボモーター(7つ)

  • ミキシングサーボモーター右(fig6-b、fig2-a)
  • ミキシングサーボモーター左(fig6-d,、fig2-a)
  • デフロストサーボモーター(fig6-a,fig7-a)
  • フットウェルサーボモーター(fig6-e,fig7-e)
  • フレッシュエアサーボモーター(fig6-c,fig7-a)
  • リサキュレーションフラップ(フレッシュエア連動 964:スプリング、993:バキューム)
  • ヒートダンプフラップ


fig.6 フラップサーボ(964)

fig.7 フラップサーボ(993)

4.ヒューズ(6個)

  • リアファンヒューズ(fig10-b、fig12)
  • コンプレッサヒューズ(fig10-b、fig12)
  • オイルクーラーファンヒューズ(fig10-a、fig11)
  • コンデンサファンヒューズ(fig10-a、fig11)
  • ミクスチャブロアファンヒューズ(fig10-a、fig11)
  • エアコンコントローラ(CCU)ヒューズ(fig10-a、fig11)


fig.10 ヒューズ/リレーボックスの位置

fig.11 メインヒューズボックス(別名:セントラルエレクトリック)

fig.12 エンジンコンパートメントヒューズボックス

5.リレー(4個)

  • リアファンリレー(fig10-b、fig12)
  • コンプレッサクラッチリレー(fig10-b、fig12)
  • オイルクーラーファンリレー(fig10-a、fig11 内 R04番リレー)
  • コンデンサファンリレー(fig10-a、fig11 内 R14番リレー)


fig.10 ヒューズ/リレーボックスの位置

fig.11 メインヒューズボックス(別名:セントラルエレクトリック)

fig.12 エンジンコンパートメントヒューズボックス

6.レジスタ(抵抗)(3個)・アンプ(1個)

  • リアファンレジスタ(fig5-b)
  • コンデンサファンレジスタ(fig4-g)
  • オイルクーラーファンレジスタ(fig4-b)
  • 左右ブロアファンアンプ(ブロアファンファイナルステージ)(fig6のミキシングフラップサーボ手前)


fig.4 各ファンと冷媒ライン

fig.5 ヒーターダクトとリアファン

fig.6 フラップサーボ(964)

CCUによる制御機能

  1. 室内温モニタ
    CCU後部にあるCCUファンで空気を吸い、CCUパネル左にある温度センサーで室内温を監視します。

  2. CCUファンの動作監視

  3. 油温の監視

  4. エバポレータの凍結監視

  5. フロントのブロワファン、リアファンの動作監視(故障検出)

  6. ミキシングチャンバー内の左右ブロアファン周りの気温の監視
    エア吹き出し口の温度を監視します。

  7. 必要に応じて、リアファンをエンジンオフ時に冷却モードに入れるようエンジン温度の監視

  8. ACコンデンサファンの低速動作の制御(プレッシャースイッチで高速制御をします)

  9. オイルクーラーファンの低速及び高速動作の制御

  10. フロントの左右ブロアファンの速度を制御します(PMW制御、4ステップ)

  11. エンジンルーム内のリアファンの低速及び高速動作の制御
    エンジン冷却目的、ヒーター目的の2つを制御します。

  12. フロントエアインテークからの外気導入をフレッシュエアサーボで制御

  13. エンジンのヒートエクスチェンジャからの温風を左右のミキシングフラップサーボで制御。

  14. フロントガラスデフロスタのエアをデフロストサーボで制御。

  15. 足元のフットウェルエアをフットウェルサーボで制御。

  16. リサキュレーションフラップをバキュームエアで制御(993のみ。964はスプリング)

  17. ACコンプレッサのクラッチの制御。

  18. ギアシフトの監視。
    リバースギア時、室内への排気ガスの流入防止のため、左右ミキシングフラップサーボは閉じます。

  19. エンジンコントロールユニット(DME)のアイドリング低下機能を制御します。
    寒冷地での始動や、室内温設定を最高にしたときに、アイドリング回転の低下を抑制し、ヒーターを補助するための機能です。

  20. HVACシステムで検出されたエラーを記憶し、OBDインターフェイス経由で表示します。

これらとは別に、コンデンサファンとコンプレッサの動作を制御するプレッシャースイッチが2つあります。

CCUの電源系統とヒューズについて

fig.13 CCUとサーボおよびファンの接続概要図

トラブルシューティング

1.バッテリーが上がる

  1. リアファンNTC温度センサーが高温だと判断すれば、エンジンの冷却のため最大15~20分程度リアファンが回転します。このため、バッテリーが弱り、最悪の場合上がってしまいます。

  2. コンデンサファンレジスタをチェックしてください(テスト項目L)

  3. リアファンレジスタをチェックしてください(テスト項目K)

  4. オイルクーラーファンレジスタをチェックしてください(テスト項目M)

2. フロントの左右ブロアファンがイグニションOFFでも回る

  1. 964の場合は正常の可能性もあります。

  2. ブロアファンアンプ(ブロアファンファイナルステージ)をチェックしてください(テスト項目B)

3. 常に冷風しか出てこない = 温風が出ない

  1. 左右それぞれのミキシングフラップサーボをチェックしてください(テスト項目J)

  2. 左右それぞれのミキシングチャンバー温度センサをチェックしてください。

  3. コンデンサファンリレーをチェックしてください(テスト項目L)

  4. コンデンサファンレジスタをチェックしてください(テスト項目L)

4. 常に温風しか出ない

  1. 冷媒の圧力レベルをチェックしてください。(表1)

  2. エバポレータが結露していないかチェックしてください。

  3. エバポレータ温度センサに不具合が無いかチェックしてください。

  4. コンデンサファンヒューズをチェックしてください(テスト項目L)

  5. コンデンサファンリレーをチェックしてください(テスト項目L)

  6. コンデンサファンレジスタをチェックしてください(テスト項目L)

  7. コンプレッサクラッチをチェックしてください(テスト項目F)

  8. コンプレッサヒューズをチェックしてください(テスト項目F)

  9. コンプレッサリレーをチェックしてください(テスト項目F)

  10. コンプレッサプレッシャースイッチをチェックしてください


表1 冷媒の高圧側圧力 対 周囲温度

5. エアコンのコンプレッサが動かない

  1. 冷媒の圧力レベルをチェックしてください。(表1)

  2. コンプレッサクラッチをチェックしてください(テスト項目F)

  3. コンプレッサヒューズをチェックしてください(テスト項目F)

  4. コンプレッサリレーをチェックしてください(テスト項目F)

  5. コンプレッサに接続されている配線をチェックしてください。

  6. エバポレータが結露していないかチェックしてください。

  7. エバポレータ温度センサに不具合が無いかチェックしてください。

  8. コンプレッサプレッシャースイッチをチェックしてください。


表1 冷媒の高圧側圧力 対 周囲温度

6. エンジンが始動しているとき、ファンスピードノブを回しても風量が変わらない

  1. ブロアファンアンプ(ブロアファンファイナルステージ)をチェックしてください(テスト項目B)

  2. 左右の各ブロアファンの動作をチェックしてください

  3. リアファンの故障はフロントファンの動作を停止させてしまう可能性があります(テスト項目K)

7. 温度調整ノブを動かしても変化しない

  1. 左右のミキシングフラップサーボモーターをチェックしてください(テスト項目J)

  2. 左右それぞれのミキシングチャンバー温度センサをチェックしてください。

  3. エバポレータが結露していないかチェックしてください。

  4. エバポレータ温度センサに不具合が無いかチェックしてください。

8. エンジンが始動しているとき、左右ブロアファンの回転数が違う

  1. ブロアファンアンプ(ブロアファンファイナルステージ)をチェックしてください(テスト項目B)

  2. リアファンヒューズをチェックしてください(テスト項目K)

  3. リアファンリレーをチェックしてください(テスト項目K)

  4. リアファンレジスタをチェックしてください(テスト項目K)

9. 変な音がしたり、センター、左右の吹き出し口からエアが出ない

  1. 左右ブロアファンのヒューズをチェックしてください

  2. ブロアファンファイナルステージアンプをチェックしてください(テスト項目B)

  3. デフロストフラップをチェックしてください(テスト項目D)

  4. リサキュレーションフラップをチェックしてください(993はバキュームホースのリークも考えられます。)

10. 大きな雪マークボタンが機能しない(993のみ)

  1. エバポレータが結露していないかチェックしてください

  2. エバポレータ温度センサに不具合が無いかチェックしてください。

  3. コンプレッサ動作条件をチェックしてください(テスト項目G)

11. デフロストボタンが機能しない(993のみ)

  1. デフロストフラップサーボをチェックしてください(テスト項目H)

12. マニュアルフラップ調整スライダー(上部:デフロスト 下部:フットウェル)が機能しない

  1. デフロストフラップサーボをチェックしてください(テスト項目D)

  2. フットウェルフラップサーボをチェックしてください(テスト項目C)

13. デフロストベントからしかエアが出ない(964のみ)

  1. デフロストフラップサーボをチェックしてください(テスト項目D)

14. イグニションキーをOFFにしてもリアファンが常に動作している(993のみ)

  1. リアファンNTC温度センサーが高温だと判断すれば、エンジンの冷却のため最大15~20分程度リアファンが回転します。

  2. リアファンレジスタをチェックしてください(テスト項目K)

  3. リアファンNTC温度センサーをチェックしてください

15. イグニションをONにすると、油温に関係なくオイルクーラーファンがハイスピード回転する(993)

  1. オイルクーラーファンレジスタをチェックしてください(テスト項目M)

  2. オイルクーラーファンリレーをチェックしてください(テスト項目M)

  3. 油温センサーをチェックしてください(テスト項目M)

16. 始動中、左または右の片方だけ、温風または冷風が出ない(964)

  1. 左右ミキシングフラップサーボをチェックしてください。

  2. 左右それぞれのリアファンのヒューズをチェックしてください(964ターボのみ)

  3. 左右それぞれのリアファンの動作を確認してください(964ターボのみ)

17. コンデンサファンが動作しない

  1. コンデンサファンのヒューズをチェックしてください(テスト項目L)

  2. コンデンサファンのリレーをチェックしてください(テスト項目L)

  3. コンデンサファンレジスタをチェックしてください(テスト項目L)

  4. 冷媒の圧力レベルをチェックしてください。

18. エンジン暖気後もオイルクーラーファンが動作しない

  1. オイルクーラーファンのヒューズをチェックしてください(テスト項目M)

  2. オイルクーラーファンリレーをチェックしてください(テスト項目M)

  3. オイルクーラーファンレジスタをチェックしてください(テスト項目M)

19. CCUが一切動作しない

  1. メインヒューズボックスのCCUに関係するヒューズ、No.1(25A:左右ブロアファン用)、No.17(7.5A:ヒーターとリアスポイラー用)、No.28 (15A:リア熱線、リアワイパー、リモコンミラー用)のヒューズをチェックしてください

大変長くなったので、トラブルシューティング内のテスト項目に関しては、別のページで解説します。

次ページ
ポルシェ911 964と993のエアコン 各コンポーネントのテスト項目と方法

フェラーリ, マセラティ, ランボルギーニ, ロータス専門
ECU, コンピューター, メーター, 特殊電装品・電子回路製品 修理, リビルト
解析再構築, オリジナル電子回路設計・開発
HEART Inc.


Published in911エアコンポルシェ解析修理

Be First to Comment

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    error: Content is protected !!